SERVICE

SERVICE

小売電気事業者さまへの
電源卸売サービス

エネトレードでは、小売電気事業者さまが抱える電源調達の課題解決に向けて取引ロットや引渡エリア/パターンに柔軟に対応した電源卸売サービスを提供します。

市場価格の値上がりが心配・・・
市場価格は、季節による変動やインバランス制度の見直しなどにより、先の動きを読むのがむずかしい状況が続きます。
発電所と契約したいがハードルが高い・・・
発電所と契約をするのは、ロットの問題やエリアを超えた供給をしづらい環境ではハードルが高いかもしれません。
矢印

エネトレードのサービスをご利用いただくと
JEPXからの調達時に必要な資金調達が不要となり
固定価格での調達が可能となります。

サービスのメリット

  • 調達価格の安定

    調達価格の
    安 定

  • キャッシュフローの改善

    キャッシュ
    フローの
    改 善

  • 柔軟なエリア対応

    柔軟な
    エリア対応

サービスのイメージ

現在

太陽光発電 水力発電 風力発電 火力発電 JEPX 小売業者A 小売業者B 小売業者C
POINT

日々の資金調達が必要
調達価格が日々変動

矢印

当社からの卸売

太陽光発電 水力発電 風力発電 火力発電 取引所 enetrade エネトレード 小売業者A 小売業者B 小売業者C
矢印

日々の資金調達が不要
固定価格での調達

サービスの詳細

小売電気事業者さまのニーズに合わせて、当社が調達した電源を卸売りします。
夏季や冬季の需要期限定のお取引も可能です。

調達価格の安定

調達価格の安定

  • 相対電源を確保することにより、電力調達における市場価格変動リスクの低減が可能
  • 多様な取引手法を用いて、価格の平準化を実施
キャッシュフローの改善

キャッシュフローの改善

  • 月末締めの後払いとなるため、JEPXからの電力調達時に必要となる日々の仕入資金調達が不要
ロットやエリアへの柔軟な対応

ロットやエリアへの柔軟な対応

  • 発電所と契約するには困難な小ロットからでも取引可能
  • 引渡エリアについても、柔軟に対応が可能
豊富な実績

豊富な実績

  • 延べ20数社の小売電気事業者さまと20万kW以上の契約実績
  • 2017年度は九州、中国、四国、関西、中部の5エリアで展開
  • 2018年度は東京、東北の2エリアを加えた7エリアで展開

主なサービスメニュー

金融取引手法を応用して
価格変動リスクを軽減する卸電力サービス

  • 1キャップ・トレード

    キャップ・トレード

    エネトレードがJEPX価格に連動した価格で電力を販売します。このとき、設定した上限価格(キャップ)を超えた時間帯ではJEPX価格を下回る上限価格での販売を行います。これは、デリバティブ取引における「コールオプション」を応用したサービスで、これにより急なJEPX価格高騰のリスクを 軽減することができます。

    キャップ・トレード
  • 2イントラデイ・スワップ

    イントラデイ・スワップ

    お客様の電力調達の余剰と不足をマッチさせるサービスのひとつとして、一日の時間帯の中で、お客さまの余剰(または不足)調達の時間帯と、当社の不足(または余剰)調達の電力を、ある一定価格で交換(スワップ)するサービスです。従来はJEPXを活用して余剰・不足分を売買していた電力価格を固定化することができます。

    イントラデイ・スワップ
  • 3エリア・スワップ

    エリア・スワップ

    『イントラデイ・スワップ』と同様のサービスを、電力の供給エリア間で行うものです。お客さまの電力調達の余剰エリアから不足エリアへの振替は、JEPXの間接オークションを活用して行われることが多いですが、この場合、エリアプライスの変動リスクを負うことになります。これに対して、当社の余剰・不足エリアと交換(スワップ)することで、エリア間の電力引渡しを固定価格で行うことが可能となります。

    エリア・スワップ